今日もhappy

神戸、大阪を中心にランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など綴っていきます☆

京都国立博物館・ハプスブルク展

星組の新春公演が「ハプスブルクの宝剣」だと知った時

早速 図書館で原作を借りて読んだ だっくす仲間で

ハプスブルク展を観に行こう!ってことになり 行ってきました

職場のMちゃんも 東京に行った時に観てきて 面白かった~!とのことだったし

憧れのエリザベート肖像画も観れるとあって

期待いっぱい

ピノチオレガーロでのランチのあと

駅前のロータリーのD1バス乗り場から銀閣寺方面行きのバスに乗り国立博物館

入り口でガイド用のイヤホンを借りて 

高嶋政宏さんが解説をしてくれます♪)

Go~!

最初のコーナーは

明治2年に 明治天皇からハプスブルク家に友好の証として贈られた 日本画の展示

花鳥風月を描いたもの 江戸時代の風俗 庶民の暮らしの絵 蒔絵の棚なども

当時のヨーロッパの人は 初めて触れる日本文化に刺激され

パリ万博などにも影響を与えたのだとか

その後 イタリア絵画 スペイン絵画 ドイツ絵画 オランダ絵画

中央の大きな部屋には かの有名な 皇妃エリザベートの大きな肖像画が!!

縦何メートルあるのか・・・

しばらくは圧倒され 見入ってしまいました 美しい~

そこからは 肖像画の連続

あの 美しすぎるマリア・テレジア11歳の時の肖像画

王女マルガリータテレサ肖像画などがあります

ハプスブルク家のコレクションである

武具・甲冑 食器や杯 宝石で飾られた時計などのお宝拝見

絵画は宗教色の濃いもので

受胎告知や 聖家族 マリアとイエスなどの作品が多かった

キリスト教文化に精通していたら もっと楽しめたんでしょうね・・・残念!

しかし!中には 生首を持つサロメなど ぎょっとするような絵もあって

こういう絵も好まれたのか・・・と不思議な気がしました

中野京子著「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」(図書館で予約中)や

「怖い絵」などを読んでおくとよかったのかも・・・

それにしても 最初の部屋の日本画ののっぺりした絵に引き換え

中世ヨーロッパの 遠近法を用いた 奥行きのある構図や

光と影を描き分けて 立体感を出している絵が観ていて楽しい♪

今にも動き出しそうな人物画、 絵から出てきそうな 迫力のある絵画がいっぱい

見ごたえのある ハプスブルク展でした