今日もhappy

神戸、大阪のランチ、美味しいもののご紹介

元町のパティスリーアキト

元町で評価の高いカフェ

神戸の中心地 三宮から離れると カフェの数も激減しますね。

更に JR元町駅より西となるとなおさら。

そんな 西の方に来てしまった者の救世主w

patisserie AKITO

JR元町駅と阪急花隈駅の中間に位置しています。

カラフルなショートケーキをご紹介♪

きれいなケーキがいっぱい♪ どれも美味しそうで迷ってしまいます!

ケーキは左から…価格は税抜き価格です。

ゆずとミルクチョコ 480円

ムース、ゆず風味のガナッシュ、生地 すべてミルクチョコレート

ラクテシトロン 450円

シェフおすすめのスペシャリテ レモンムースとミルクチョコガナッシュ

ヴァン・キャトル 480円

ビターチョコレートのムースとアプリコットジュレ

スノーホワイト 480円

ライムのムース 生姜風味のホワイトチョコ ベリージュレ

サンペリーナ 450円

フランボワーズとホワイトチョコのムース ライチのジュレ

ティラミス 420円

エスプレッソコーヒーを生地にしみこませ、濃厚マスカルポーネクリーム。

マルジョレーヌ 450円

ヘーゼルナッツの生地 チョコレートガナッシュ

焼き菓子を頂きました!

サクッと焼菓子とコーヒーでお茶しました。

フランス風の焼き菓子がいっぱい!

右奥:ビスキュイ・ド・サヴォワ 1350円(税込み)

中央:ガトー・リヨネ(リヨンの「カフェ・デ・フェデラシオン」のお菓子をpatisserie AKITOがアレンジしたパピヨン型焼き菓子)216円

手前:バトン 216円(ミルクジャムとチョコラミルクジャムの2種)

お…美味しそうだけど…カロリーがぁ~~~

「フランスフェア」の札が付いているのは ヌガー・ドゥ・トゥール 300円(税抜き)

ロワール地方、トゥールの名物菓子。トゥールには名物がなかったので1865年にモナコ公国シャルル3世のキュイジニエ(料理人)のレシピで1970年にトゥールで再現して名物になったそうです。パートシュクレ(タルト生地)に・フリュイコンフィ(フルーツの砂糖漬け)を詰めて ダックワーズ生地を載せて焼いたものです。

ちょっとヘビーそうなのでこれも遠慮 ^^;

奥は ガトー・バスク・ノワゼット チェリージャム 1400円(税抜き)

ヘーゼルナッツ生地にブラックチェリージャムを入れて焼いたもの。

お土産にいいかな?

店頭販売のものは税抜き表示、ネット販売もされている焼き菓子は税込表示になっているみたいです。

コーヒーとパピヨンショコラを頂きました。

明るい店内は清潔感があります。

が、明るく開放的すぎて ちょっと落ち着けずw

大きな道に面した角のお店なので見つけやすいと思います。

神戸市営地下鉄海岸線 みなと元町を山側に上がった所にあります。

シェフは、ミルクジャムを広めた第一人者!

こちらのオーナーシェフ田中哲人さんは 以前ホテルピエナ神戸のパトリーにいらしたそうです。

パトリーと言えば ミルクジャムが一時すごく話題になりました。こちらの田中哲人さんがされ開発されたものだったのですね!!

フランスでは コンフィチュール・ド・レ。 フォションのミルクジャムなど よく目にしますが、日本発のミルクジャムですね。

いろんなミルクジャムが置いてあるから 今度行ったら買って帰ろうと思います!

ごちそうさまでした!!

実際の訪問日は6月です。

パティスリー アキト 神戸市中央区元町通3丁目17-6 電話:078-332-3620