今日もhappy

神戸、大阪を中心にランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など綴っていきます☆

「華麗なる宝塚歌劇の世界展」に行きました♪

8/17から 博多阪急7階イベントホール「ミューズ」で開催中の

華麗なる宝塚歌劇の世界展」に行って来ました。

          DSCN1977.jpg

6/11に 兵庫県立歴史博物館(姫路)で開催されていた

宝塚歌劇~咲き続けて一世紀」展にも行きましたが(6/11の記事は⇒こちら

こちらにも来てよかった、被り物の展示品多し

思えばあの6/11に、博多遠征が決まったんだった。

なんだか ご縁を感じるわ~

入り口には 客寄せパンダ的 ベルばらの衣装が展示されています。

          DSCN1972.jpg 

宝塚と言えばやっぱり「ベルばら」

ゴージャスなお衣裳

          DSCN1973.jpg

「愛と青春の旅立ち」でちえちゃん(柚希礼音)がかぶってた帽子

よく見ると、こんなにびっちりスパンコールが・・・

道理できらきら輝くはずだわ!

豪華な小道具の一例 

DSCN1975.jpg DSCN1976.jpg DSCN1978.jpg DSCN1988.jpg DSCN1987.jpg

DSCN1989.jpg DSCN1990.jpg DSCN1992.jpg DSCN1993.jpg DSCN1994.jpg

DSCN1995.jpg DSCN1996.jpg DSCN1997.jpg DSCN1998.jpg DSCN1999.jpg

DSCN1986.jpg DSCN1991.jpg  *写真はクリックすると大きくなります  

どの作品で 誰が被ったかわかりますか~?

近くでみると、こんなにすごかったんだ!とびっくり 

羽根あり、スパンコールあり、ラインストーン、ビーズ、レース・・・

材料もさることながら 手の込んだ仕事をしています。

帽子のつばの裏側にまで ラインストーンやボタンがついてるし。

「ロシアンブルー」でみなこ(愛原実花)ちゃんの被ったグリーンの帽子も

遠くからはわからなかったけど、近くで見ると

緑の帽子に黒のチュールのレースをかけて、黒の猫をアップリケして

その上から 黒のビーズをたくさん縫い付けてあります。

これらの被り物すべてが細かい手作業によりできていて

本当にひとつひとつが芸術作品!

思わずため息がもれました

デザイン画を起こして 形にするまでに膨大な人手と時間とお金がかかってそう。

すごいな~、さすが宝塚

この展示品、 撮影OKなのが嬉しいね!

撮影しきれないくらい たくさんありました。

エリザベートの帽子なども、トップさんによって

色やデザインが少しずつ違って 豊富にありましたよ!

で・・・・

またまた 大階段と羽根、あるし・・・。

ってことは、やっぱり 羽根背負って 写真撮影、ですか?

また、やっちゃいました   DSCN1983 - コピー

他のお客さんも 私たちを見て 勇気付けられ(?) 羽根を背負っておられました。

今回は パンプスを履いて 階段に立ててよかった

前回は 大階段、土足厳禁で裸足だったのよー

いやぁ~、楽しみました!!

これが無料だなんて、素晴らしすぎる! さすが阪急!(持ち上げとく)

興味のある福岡周辺の方、

観劇予定の方は ちょっと足を伸ばして、

博多駅に行くことがあれば、

是非覗いてみてください! 8/30(火)まで