グルメ&旅行ブログ 今日もhappy

京阪神のランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など自分用の記録も含め綴っていきます☆

3回目の訪問、KNOTの創意工夫の詰まったお料理とワインペアリング(神戸・三宮)

今年2月、5月に続き、3回目のKNOTさん。

 

イタリアンが好きな夫もお気に入りのお店です。

 

 

神戸市営地下鉄三宮駅西口からが一番近く、JR神戸線三ノ宮駅から元町駅からも徒歩7分ぐらい、

生田新道からドン・キホーテの角を北に上がって行った右手。

KNOT

店名は窓の向こうの壁に。

看板がないのでわかりにくいけど。

昼も夜もコースは1種類。

ディナーコース、税込み7700円を頂いたのでご紹介します

メニュー表には、食材のみ記載されていて、どんなお料理になって登場するのかがとても楽しみです。

 

<Stuzzichino-最初の一皿->

コチ/ジュンサイ/海ブドウ/酢橘

ラディッシュ/ナスタチウム/カラスミ

 

高級魚・コチととろりとしたじゅんさいの口当たりが優しい。

海ぶどうのプチプチ感もあり食感を楽しむ一皿。

スダチの香りで夏らしい爽やかさ。

<パン>

いつもの全粒粉のパンです。

パンの器が変わりました。

<Antipasto‐前菜>

ヤングコーン/ンドゥイヤ

スイートコーン

 

スイートコーンは冷製スープに、

ヤングコーンは…中華料理で使う小さなヤングコーンではなく、髭も入れたら20センチはあるコーン。

 

カリッと揚げたヤングコーンに、南イタリアで作られるピリ辛ソーセージのソース、と予想もできなかった食材の組み合わせ。

トッピングはスィートアリッサム

花壇のエッジに植えたことあるけれど、まさかお皿の上で出会うとは…!

 

<Antipasto‐前菜>

鮎/万願寺唐辛子/バジル

キュウリ/ズッキーニ/ケッパー

 

鮎、って塩焼きでしか食べたことがなかったのですが…KNOTさんの鮎は、じっくりオイルで煮込んだコンフィでいただきました。

美味しい〜〜、鮎ってこんなお味だっけ?と思いつつ深い!

 

クリームベースのバジルソース。

ラビコットソースのようなキュウリ、ズッキーニのさいの目切りは、歯ざわり軽快で爽快です。

トッピングは、アマランサス。

 

黒いお皿にグリーンのソースが映えて目も舌も喜ぶ一皿。

 

<Primopiatto-パスタ->

タリアテッレ/剣先イカ

白いんげん豆/オリーブ

 

白インゲンのこっくりとした濃厚な味と舌触りが美味。

 

<Secondopiatto-メイン->

ウズラ/ポルチーニ

和田ごぼう

 

うずらは、卵は食べる機会、まだありますが、うずらのお肉はまだ人生2回目。

鶏肉より、お味が濃厚。

 

更に、とろりとした味わい、と思えば、お肉とお肉の間に挟まっているのが、

ミンチとポルチーニ茸のみじん切り。

食感がプラスされてとても美味しく頂きました。

 

下に敷いてあるのは、ごぼうのピューレ。

和田ごぼう、って…北海道(十勝地方)の和田農園の主力野菜、和田さんのごぼうだったんです。

 

こちらも素材の香が生きていて、すこしごぼうの繊維感を感じるビューレでした。

 

<Dolce-デザート->

イカ/ミント

ココナッツ

 

もう夏ですね! スイカとスイカのシャーベット。

シャーベットはほのかにミントが香って、爽やか、涼やか。

 

ココナッツのアイスも香りよく美味。

 

<お茶菓子>

フィナンシェとオレンジピールチョコ

ドルチェはドルチェだけで楽しみ、コーヒー(or 紅茶)は、お茶菓子と共に楽しむのがKNOTさん流。

 

こんなスタイルが好きです。

<カフェ>

 

 

ペアリングのワインたち

夫は60ml、息子と私は40mlでお願いしました。

1. ダニエル・デュモン シャンパーニュ ブリュット・グラン・レゼルヴ NV

言わずと知れた、発泡ワインの中の発泡ワインAOCシャンパン。

グラスだと、1杯で1650円!!

爽やか〜で、スッスと飲めてしまう…危険!

 

2. セカトゥール・シュナン・ブラン

南アフリカのワイン!

イタリア、オーストラリア、ロサンゼルス、チリ…はよく聞くけれど…

南アフリカケープタウン近くにあるスワートランドは広大なワインの産地だそうです。

ぶどうの品種は、シャルドネソーヴィニヨン・ブランリースリングぐらいしか知らなくて、シュナン・ブランは初めて聞く名前でした。

フランスのロワールと南アフリカがメインのようです。

 

3. セップ・モーザー グリューナー・ヴェルトリーナー

オーストラリアの醸造家、セップ・モーザー。

こちらも初飲み品種、グリューナー・ヴェルトリーナー!!

 

4. サンセール・オレンジワイン

オレンジワインとは!!??

赤・白・ロゼに続く第4のカテゴリーとして認知されたワインですって!

初耳。

大昔からジョージア旧ソ連下のグルジア)で作られていたものの、ソ連支配下で流通してなかった…が、ここへ来て、自然派ワインブームで人気なんだそうです。

 

白ワインは自然の酸化防止剤であるタンニンを持たないため、赤ワインに比べると亜硫酸(酸化防止剤)が多めに必要。

オレンジワインは、 赤ワインと同じようにタンニンがあるため、亜硫酸の添加を控えたワイン造りが可能。

(出典:ENOTECAonline)

なるほど〜〜、奥が深いわ。

 

5. グレネリー・ステレンボッシュ

南アフリカのワインの産地・ステレンボッシュ(ステレンボスとも)

品種はカベルネ・ソーヴィニョン

南アフリカはぶどうの産地、ワインの産地なんですね。

 

勉強になりました。

たまには、お店がおすすめしてくださるペアリングにすると、新たな一杯との出会いがあります^^

 

ごちそうさまでした!

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押して頂けたら励みになります♪

     ↓

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


近畿地方食べ歩きランキング

いつも応援ありがとうございます