今日もhappy

神戸、大阪を中心にランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など綴っていきます☆

【簡単レシピ】ポルチーニ茸のリゾット

友人のイタリアのお土産、乾燥 フンギポルチーニ

フンギって「茸」、「きのこ」という意味のイタリア語です。

f:id:kokoro-aozora:20191010081001j:plain

日本の干し椎茸みたいなものですが 薄くスライスして乾燥させてあるので使いやすいです。

f:id:kokoro-aozora:20191010081011j:plain

ポルチーニ茸5グラムをぬるま湯に入れて戻します。 干し椎茸と同じです。

f:id:kokoro-aozora:20191010080245j:plain

戻し汁は、干し椎茸より、ずっと色も濃く、香りも強いですね。

f:id:kokoro-aozora:20191010080253j:plain

これは水で分量になるように薄めて使いました。

レシピは あちこちのレシピ寄せ集めてテキトーに作りました

f:id:kokoro-aozora:20191010080242j:plain

戻したポルチーニ茸は水気を絞って 細かく切ります。玉ねぎとにんにくはみじん切りに。

お米は2人分で1合が基本のようです。

初めて作るので 1/2合で1人分(味見の自分用)だけ作ってみました。

手順

・熱したフライパンに、オリーブオイルを入れ 温まったら にんにく、玉ねぎを炒めます。玉ねぎがしんなりしたら、洗った生米を入れて更にいためます。お米にオイルが馴染んだら 白ワインを適宜入れてアルコールを飛ばします。

f:id:kokoro-aozora:20191010080249j:plain

フンギポルチーニの戻し汁とお水で300ccにしてパンに入れます。↓

f:id:kokoro-aozora:20191010080259j:plain

レシピにもよりますが、私はコンソメキューブを少し割り入れました。

ポルチーニを投入して、蓋をして弱火でぐつぐつ15~20分煮込みます。

f:id:kokoro-aozora:20191010080303j:plain

お米がアルデンテに仕上がるように最後の方は、こまめに仕上がりをチェックしてました。水分が足りないようならお湯を少し足して様子見。

ちょうどよくなったら 火を止めて粉チーズ…パルミジャーノチーズがないので パルメザンチーズを投入。

パルメザンチーズ、というのはパルミジャーノ風のチーズのこと。粉チーズで十分です。パルミジャーノレッジャーノだともっと香りがいいのでしょうね。

ネットで1kgのブロックが 3500円ぐらい、200gの粉末が1200円ぐらいで売ってます。

イタリアンを美味しくするなら 本物のパルミジャーノレッジャーノの粉末を冷蔵庫に保存しておいてもいいかな…とちょっと心が揺れてます ^^;

f:id:kokoro-aozora:20191010080307j:plain

これで一気にイタリアンになります。

ざっくり混ぜて 全体にチーズを馴染ませたらできあがり。後はお塩で味を整えて。

f:id:kokoro-aozora:20191010080311j:plain

最後にイタリアンパセリをトッピングして出来上がり♪

f:id:kokoro-aozora:20191010080315j:plain

チーズの香りが食欲そそります~!

サイドメニューに 具だくさんのミネストローネスープや ボリューム満点のコブサラダなどがいいですね。

これだけだとお腹がすきそうですw

 

レストランでパスタやリゾットを選ぶ機会があれば、リゾットもたまにチョイスしてましたけど 今回 お試しで作ってみたら簡単だったので、休日のお昼などに楽しみながら また作ってみようかな、と思いました。

まだポルチーニ茸残ってるし。

 

乾燥ポルチーニ茸はお土産に頂きましたけど ネットで20g 1000円ほどで手に入ります。