今日もhappy

神戸、大阪を中心にランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など綴っていきます☆

【京都】早春の大河内山荘で緑を楽しむ

嵯峨野の竹林の小径の先にある名所「大河内山荘」

今回のプチトリップの目的は、嵯峨野の「竹林の小径」で和の風情を楽しむこと。

f:id:kokoro-aozora:20200308235319j:plain

阪急嵐山の駅から、渡月橋を渡り、古刹・天龍寺を素通りして、竹林の小径へ。

そして竹林の小径の突き当りにあるのが、「大河内山荘」です。

f:id:kokoro-aozora:20200309001214j:plain

明治生まれの時代劇俳優・大河内傳次郎の別荘で30年の歳月をかけて 彼の収入は庭につぎ込んでいたようです。

2万㎡の広大な土地を和の情緒たっぷりに作り込まれていて 少し歩く度に庭は表情を変え、飽きさせることなく広大な回遊式庭園を巡れます。

入園料は1000円。 季節ごとに写真が変わる絵葉書と、お抹茶(茶菓付き)券をいただけます。

あちこちで写真を撮りながら回って、お茶も頂いて、1時間弱。

素敵な日本庭園をちらりとご紹介します。

 

早春の大河内山荘は緑を楽しみました

今回で5回目の訪問ですが、この季節は初めてです。

やはり、紅葉の季節が美しいですね。

 

入り口で料金を払って坂を上ると、パッと視界が開けて 回遊式庭園の入り口が見えます。

f:id:kokoro-aozora:20200309001221j:plain

門をくぐって…

f:id:kokoro-aozora:20200309001233j:plain

進んでいくと、また開けたところに出ます。空が広い!

f:id:kokoro-aozora:20200309003330j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200309003737j:plain

石段、飛び石、瓦の道などがあるので、スニーカーやヒールのない歩きやすい靴でないと足が疲れるので注意です!

f:id:kokoro-aozora:20200309003744j:plain

石段を上がると、見晴らしのいいところに出て、また小径を上がって、の繰り返しです。

f:id:kokoro-aozora:20200309003751j:plain

お茶室へ続く道。

 

下は 2003年12月に行ったときの写真です。常緑樹や苔の緑と赤い紅葉のコントラストが美しいです。

f:id:kokoro-aozora:20200309003011j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200309003012j:plain

 

f:id:kokoro-aozora:20200309003759j:plain

木々は葉を落として、枝が寒々しいですが、低木の常緑樹が植わっているので楽しめます。

お手入れが行き届いていて、苔が美しいですし、落ち葉の一枚も落ちてないです。

f:id:kokoro-aozora:20200309003809j:plain

蹲(つくばい)。竹は鹿威しのようですが どこからも水を引いてないので「なんちゃって鹿威し」です。

f:id:kokoro-aozora:20200309003815j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200309003823j:plain

どんどん上がっていきます。

f:id:kokoro-aozora:20200309004824j:plain

かなり上ってきましたので こちらの東屋から、嵯峨野が一望できます!

清々しい気分になります、本当に気持ちがいいです。

 

さあ、ここからは下りです。

f:id:kokoro-aozora:20200309005103j:plain

遠くに山々を望みながら、急な石段を下りて行きました。

f:id:kokoro-aozora:20200309005110j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200309005116j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200309005125j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200309005208j:plain

どこを切り取ってもフォトジェニック♪

いろんな表情を楽しめて、スマホと一眼レフを交互にパシャパシャしながら 楽しく回りました^^

実はUPした写真はすべてスマホのもの。

まだ 一眼レフカメラの写真をPCに転送してない~~^^; でも、もう記事あげちゃいます!

f:id:kokoro-aozora:20200309005216j:plain

スタート地点にもどって来ました! 右奥にあるお茶屋さんでお抹茶と最中を頂きました。

お天気が良くてポカポカだったので 緋毛氈を敷いた床几で。

楽しい余韻を味わいながら しばし足を休めました。

f:id:kokoro-aozora:20200309005223j:plain

ちょっとした小径にも、デザイン性を感じますね。

 

 

意外と穴場の大河内山荘

季節柄、ということもありますが、1000円の入園料がネックなのか、竹林の小径の混み合いとは裏腹に こちらは割と空いてます。

1回目は学生時代、忘れるぐらい前です、その後2003年12月初旬、2009年10月、2014年11月、今回2020年3月3日。

いつ来ても 敷地が広大なこともありますが そんなに人は多く見かけないです。

以前の大河内山荘の自分の記事を読んでも、あまり混んでない様子です。

2009年に行ったときの竹林の小径の写真見たら、がらがらでした。

昨今の 混み具合は、やはりSNSでその魅力が世界中に拡散したからなんですね!

 

現在、新型コロナウイルス禍で、中国人観光客が見当たらず。

卒業旅行の大学生と、欧米人観光客が中心でした。

さらに 大河内山荘に入ろうか、という海外ツーリストはチラホラです。

こちらの山荘&庭園は、静かにひっそりと佇んでいるのが魅力なので あまり知られたくない名所かも^^;

嵐山、嵯峨野に遊んで 竹林の小径まで来られたら 是非大河内山荘を楽しんで頂きたいです^^

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押して頂けたらうれしいです

     ↓

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます