グルメ&旅行ブログ 今日もhappy

京阪神のランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など自分用の記録も含め綴っていきます☆

【ロンドン】1667年創業、老舗パブ、ジ・オールド・チェシャー・チーズ でランチ

ロンドンに行く、と決まったときから、息子が行きたい、と言っていたパブが、

Cittie of Yorke(シティ・オブ・ヨーク)とYe Olde Cheshire Cheese(ジ・オールド・チェサー・チーズ)。

 

どちらも古いパブで、シティ・オブ・ヨークは1430年開業、

ジ・オールド・チェサー・チーズは1667年開業の老舗パブ。

 

どちらの建物も、第二級イギリス指定建造物になっています。

シティ・オブ・ヨークは、1920年に建て直されてます。

セントポール大聖堂にほど近い、ジ・オールド・チェサー・チーズへ

セントポール大聖堂の前の道路をまっすぐ西に徒歩8分でジ・オールド・チェシャー・チーズ に着きます。

 

セントポール大聖堂の見学を11:30過ぎに終え、土産物店をのぞきながらのんびり歩いていくと11:50頃にジ・オールド・チェシャー・チーズ に到着しました。

 

通りから、小道を入った所にありますが、大聖堂から続く道路、Fleet Streetの舗道に、立て看板が出ているのでわかりやすいです。

 

こんな表示もあるのですぐにわかります。 (写真下)

お店はとってもシックな雰囲気で期待が高まりました。

お店の前から、Fleet Streetを望むと…(写真下)、いい雰囲気♪

開店は12時です。

 

Fleet Streetは印刷出版業者の街だった

このあたりには16世紀ごろから印刷業者が多く、新聞社、出版社があったので、チェサーチーズは、ジャーナリストで賑わっていたそうです。

 

出版社があったことで、マーク・トウェインアーサー・コナン・ドイルなどがこのお店を訪れていたそう。

 

『大いなる遺産』の著者、チャールズ・ディケンズの『二都物語』に登場する「フリート・ストリートのパブ」はチェサーチーズの事ではないかと言われているそうで

昔から、ジャーナリストや小説家の通う店だったんですね。

 

アガサ・クリスティ推理小説 「100万ドル債券盗難事件」(1924年)で探偵・ポワロがチェシャー・チーズ亭で食事をとる場面があり、

「素晴らしいステーキ・アンド・キドニー・プディング」を出す、という一節があるそうです。

 

この、「ステーキ・アンド・キドニー・プディング」を注文してみました。

 

メニューとお料理

 

まずはビール。

 

Mainから、3品

Ye Olde Cheshire Cheese Famous Steak & kidney Suet Pudding 19.95£

これです、名探偵ポワロのセリフにある「ステーキ・アンド・キドニー・プディング

で、メニューには ステーキ・アンド・キドニー・プディングの前に「Famous(有名な)」が付いているんですね♪

アガサ・クリスティの小説に出てくるメニュー、ということで。

ポレンタのプディングに包まれたステーキ、というかビーフシチュー、的なもの。

プディングを潰すと中からお肉が。

とろとろに煮込まれてソースも美味♪

 

Grilled Fish of the day with Herb Butter & Lemon

Market Price(市場価格)←こわっ汗

 

この日は何だったのか聞き取れなかった…

でも、炭火焼で香りがよく、身も厚く美味でした。

 

 

Chop House Salad 14.25£

写真撮り忘れ

 

Potatoes 5.50£

歴史を感じる店内に、歴史的建造物好きの血が騒ぐ!

1階のお食事をしたお部屋。

シックだけれど、暗くて目がしょぼしょぼしちゃう ^^;

1階の通路を隔てたお部屋はバーコーナー。

テイクアウトのビールを買って帰る人も…。

 

地下一階に広がる大空間。

更に進むと…

 

映画に出てきそうな、雰囲気のある空間が出現!

 

昔の修道院か宗教施設のようです。

13世紀頃まで、この辺りの土地はカルメル会修道院が所有していたそうですから、当時のままなのか、

そういう歴史を感じさせるように設えたのか…?どうでしょうか。

 

 

 

Cittie of Yorke(シティ・オブ・ヨーク)は営業時間外 orz

イギリス最古のパブ、1430年創業のCittie of Yorke(シティ・オブ・ヨーク)に着いたのは、15:40。

ビッグベンや、バッキンガム宮殿など回ってから行ったので、ランチタイムとディナータイムの間になってしまい、営業時間外。

 

中だけサクッとお写真撮らせてもらいました。

 

1920年に建て直されたそうですが酒樽などが置かれていい雰囲気。

 

もうひとつ候補に挙がっていた1875年開業のザ・ブラックフライアーズというパブも、素敵なので行ってみたかったです。

 

イギリスの素敵な歴史的パブを見つけるサイト

        ↓

*外部リンク

Britain's Historic Pub Interiors - Pub Heritage

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッと押して頂けたら励みになります♪

     ↓

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


近畿地方食べ歩きランキング

いつも応援ありがとうございます