今日もhappy

神戸、大阪を中心にランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など綴っていきます☆

庭園を見ながら京町家で絶品フレンチ(京都・金閣寺周辺)

金閣寺すぐそばに、こんな素敵なおフレンチのお店があるなんて…

世界遺産・金閣寺パーキングから徒歩2分ほど、市バス・金閣寺道バス停から徒歩1分、アクセスのいい場所に、素敵なフレンチのお店があるのでご紹介します♪

 

金閣寺近くのお店を調べて、行きの電車の中で、友人にここに行きたいのだけれど…と了解を取って、11時過ぎに電話で予約。

喜Shinなので こちらのお店に入店。誰もいらっしゃらない…

f:id:kokoro-aozora:20200314231148j:plain

奥に見えているのは、舞妓さんの名前の入った団扇です。

 

実は…お隣に 喜Shin 別邸、というお店があり、そちらに案内していただきました。 別邸です ↓

f:id:kokoro-aozora:20200314172514j:plain

タイトルに京町家、と入れましたが 京町家といえば、間口の狭いうなぎの寝床のようなお家を指しますが、このあたりは街中と違って、ゆったりとした一軒家です。

 

喜Shinは 別邸と厨房を共有しています。

f:id:kokoro-aozora:20200314172524j:plain

喜Shin本邸は、靴を脱いで上がるタイプですが、別邸は、土足のまま入れるのがいいですね。

冬場、ブーツを履いてたりすると 脱いだり履いたりが面倒ですし。

 

2018年8月8日に、喜Shinをオープンされましたが、今は別邸をメインで使ってらっしゃる感じでした。

最初、間違って本邸の方に上がりこんでしまって…。

別邸は、満席の大盛況。電話番号は、本邸も別邸も同じ番号なんですって。

 

店内も素敵♪

ホールから玄関を望むと ↓ こんな感じです。

f:id:kokoro-aozora:20200314172546j:plain

f:id:kokoro-aozora:20200314173010j:plain

お店の予約は 11:30~、12:30~ 13:30~なんです。

私達は金閣寺を観たあと、北野天満宮にも行ってからのランチだったので 13:30に予約したんですが…

なんと、満席で、最後の1テーブルが空いていただけ、ぎりぎりセーフ!

一番最後にお食事を始めた私達が最後の客で、他の方が帰られた後の店内とお庭を撮影しました。

f:id:kokoro-aozora:20200314173022j:plain

ホールの中央のテーブルには、水盤にお花が…

竹も配されて…いい感じ。屋内に植物があるって、いいですね~~♪

では、お食事のご紹介です。

 

3500円(税別)の京懐石コースのご紹介です

ランチには、税別で 3500円、5500円、7000円のコースがありますが 3500円のコースを頂きました。

 

◆飲み物 

快晴で暖かい日だったので 喉が乾いた~と 白ワイン(シャルドネ)を頂きました。

f:id:kokoro-aozora:20200314172617j:plain

◆オードブル1

f:id:kokoro-aozora:20200314172634j:plain

陶器の小箱の中にはお魚が二種。

サワラの炙り 辛子酢味噌とシャンパンを合わせたもの(左) かんぱちのカルパッチョ(右)絶品! ◇四角いものは、春巻きの皮を揚げたものだそうです。

付け合わせは紅心大根。お魚料理の後、さっぱりと。

このお料理は定番で、必ず最初にこのお料理が出るそうです。

 

◆パン1

f:id:kokoro-aozora:20200314172642j:plain

焼き立てでふわふわぬくぬくの白パンは、もっちりとした食感で美味でした~

 

◆オードブル2

f:id:kokoro-aozora:20200314172658j:plain

氷の上に載ったグラスの中にはジュレと魚介。そして トッピングのレース状のものは、チーズを焼いたものだそうです。こんなにきれいな網目状になるんですね。

サクサクして美味しいのです。

そして その下には…

 

蕾菜、ロマネスコ、黄色いミニトマト・イエローグレープとキャビア。

ジュレは、青梗菜と菜の花のジュレだそう。冷たくツルンとした食感と 炙った赤海老とホタテ貝柱。

炙りの香りが鼻に抜けていく…カラフルで目にも楽しく、舌も喜ぶお料理でした。

季節感もたっぷりで嬉しいです。

 

f:id:kokoro-aozora:20200314172704j:plain

◆パン2

f:id:kokoro-aozora:20200314172712j:plain

チャパタ ピザの原型と言われるイタリア発祥のパンです。フォカッチャのようで 脂ぽくも塩気もない感じ。

柔らかくて美味でした。

 

◆スープ

f:id:kokoro-aozora:20200314172718j:plain

新ごぼうとトリュフのスープ。

トリュフの香りがいい! 新ごぼうの香りもいい! どちらも相殺することなく それぞれが香っていてふんわりと春の香り、堪能しました。

ベロンと大きなトリュフがスライスされて入ってます^^

「黒いダイヤモンド」の異名を持つ 黒トリュフは言わずとしれた世界三大珍味の高級食材ですが、旬は11月~3月なんですね。 濃厚な香りがお料理の味わいを豊かにしてくれます。

f:id:kokoro-aozora:20200314172725j:plain

◆メインディッシュ

この日はお魚は鮭、お肉料理は松坂ポーク。

友人も私もお魚料理にしました。

 

鮭のポワレは、燻製仕立てで、桜のチップでドームの中が燻されています。

f:id:kokoro-aozora:20200314172743j:plain

蓋を開けるところは、動画を撮ってたのですが…スマホに入ったままです。

 

中から鮭のポワレ。じっくりと火入れしてあるので しっとりとした食感が楽しめます。

f:id:kokoro-aozora:20200314172749j:plain

トマトソースは、カプチーノ仕立て。白っぽい方のソースは西京味噌。

京都らしく 和の食材をフレンチに活かしてイノベーティブなお料理を展開。

もっと いろいろなお料理を食べてみたくなりました。再訪決意w

 

ドームを外した後も、燻製のいい香りが漂って、食欲増し増しでした!

◆デザート

f:id:kokoro-aozora:20200314172930j:plain

パリパリのおせんべいのようなものも…パートシュクレ、とおっしゃってました…

きな粉と粉糖でほのかな甘さがいい感じ、トッピングを外すと…

 

黒ごまアイスと 抹茶ビスキュイと抹茶のわらび餅。

黒ごまが濃厚で美味でした!

f:id:kokoro-aozora:20200314172941j:plain

 

◆コーヒー

f:id:kokoro-aozora:20200314232915j:plain


ごちそうさまでした!!

 

素敵な和風庭園に癒やされて… 

f:id:kokoro-aozora:20200314173015j:plain

和の風情がいいですね。お昼は緑がきれいですが、夜はライトアップされて更にムーディな空間になるようです。

 

私は、一休のサイトを見て、当日の開店前に電話で京懐石コースを予約しましたが、パスタランチやお手軽ランチという1000円台でいただけるメニューもあるようです。

どんなものがいただけるのか 興味ありますが… 

 

季節を感じる食材、味、香り、食感、鮮やかな色と盛り付け…五感を刺激するお料理を堪能しましたので、

 やはり いろんな食材を目と舌で楽しむ京懐石コースをもう一度頂きたいと思いました。

 

 


おもてなしの心がいい!

とにかく、愛想がいいです! お料理を運んでくださる方はもちろん、厨房の前を通るときも笑顔でご挨拶してくださって…

丁寧なお料理の説明も好感度UP。

 

お庭もインテリアもお料理も、ホスピタリティも、全てが揃って気持ちいい!

金閣寺のすぐそばで、バス停からも 金閣寺からもすぐ、というアクセスの良さもポイント高いです。

 

京都には歴史のあるお店が多い中、まだまだ若いお店ですが、頑張っていただきたいな、と思いました。


◆外部リンク

kishin.gorp.jp

ランキングに参加しています。

ポチッと押して頂けたらうれしいです

     ↓

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ
にほんブログ村


神戸市 ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます