今日もhappy

神戸、大阪を中心にランチや美味しいもののご紹介 旅行の記録など綴っていきます☆

食べログと美味しい写真♪

本日 2015年1月4日 朝日新聞のLife 五話の「食べる」

食べログで読者数1位の「うどんが主食」さんの記事が出てました。

すでに1200軒以上の飲食店について書き込み、

ページを見た人は・・・179万人ですって!! bikkuri.gif 

私なんて…2年で65軒 訪問者1500人ですけど。

たくさんの人に見てもらうために

食べログ閲覧者が多いお店を選び、

意識して ジャンルの幅を広げているとか。

さらに! カロリーオーバーにならないよう、

朝昼のご飯を抜いて 夜の外食に備えてるそう。

すごい~~~~! 

料理が出てくると つい撮影し、投稿してしまう。

なぜ撮りたくなるのか、自分でもわからない。  (記事より)

以前、2014年4月23日の記事に、

「感動を共有、料理を撮る快楽」という記事がでてました。

お客さんが食べるより熱心に写真撮影に没頭しているシーンをよく見かける。

フェイスブックなどのSNSに載せて、感動を共有したい、

自慢して『いいね!』を押して欲しいという心理だ    (記事より)

赤字の部分は、私とは全く違う部分です。

私がお料理を撮る目的は明確、「記録」です。

いつ、どこで、どんな美味しいものを食べたのか、記録しておきたいのです。

ブログを始めたばかりの頃、写真のないブログ記事をUPしてました。

言葉を尽くしてのお料理の説明よりも

一枚の写真の方が どれほど雄弁か。

百聞は一見に如かず、なのです。

私と私の各方面の友人たちは、食いしん坊、グルメが多いので

「何を食べたか」にうるさく、常にアンテナ張ってます。

美味しいものなら 自分も食べてみたい、行ってみたい、ってことで、

いつも 写真、写真、と食べたもの写真を見せ合いっこ♪

次回行くお店の選定に 写真と食べログは欠かせないのです。

で、撮った写真は、ブログ記事と共に食べログに投稿。

たくさんの方が訪問くださって いいね!をしてくださると

嬉しいです! が、それを目的にはしていません。

だから、新聞記事のように「『いいね!』を押して欲しいという心理だ」と

断定で書かれると、違うよ!

って叫びたくなります。

「食は個性を表すもの。利用者は気に入った料理の写真を投稿することで、

自分がどんな人間なのかを発見しようとしている」という意見も載ってます。

え~~~、そんな事考えて投稿してる人、いない気がする~

逆に、どんな人間なのかを・・・料理を投稿することで発見できるのか・・・??

(英国在住のライター)谷本さんは

フードポルノWikipediaにとびます)を見ることは、

おいしいものを食べる体験の代償行為に過ぎず、

実際の生活が豊かになるわけでない。

本当に欲しいものは、お金を稼いでレストランに行くなど、

行動しなければ手に入らない」と厳しい。      (記事より)

厳しいもなにも・・・・当たり前の事ですよね。

わざわざライターに説明されなくても 誰でもわかります。

食べられなくていい、写真でお腹が膨れるなんて端から思ってない。

写真を見て、「食べたくなりたい」んです!!

美味しそうなお料理の写真を見るのが楽しいんです!

どんなお味か、食感か、想像するのが楽しいんです!

だから 自分でも撮るし、美味しそうなお料理を探しに

食べログ見に行くんです♪

2014年4月23日の記事を書いたライターには、

こんなに食べ物を熱く語れるグルマンの気持、わかんないだろうな~panda_gakkuri.gif moyamoya.gif

お料理を撮るという行為に顔をしかめる向きもいらっしゃいます。

だから 個室があるお店では個室を予約してます。

静かで雰囲気を楽しむような高級店にはあまり行きませんが、

もし 行くようなことがあれば 撮影は断念するか

最大限の配慮をしたいと思います。 TPO、大切ですものね。

次はどこへ行って、何を食べようか??

そんな事を考えてる時が とっても楽しい 食いしん坊happyなのでした~♪